すでにひと頑張り

わたしはわが家本業で、夕刻、あるいは未明まで、集中して仕事をすることもあります。脳を使うだけでも人間はかなりくたびれるのか、深夜に腹部がはなはだ空くことが有ります。すでにひと頑張りというよりは、本業に区切りがついて「よし寝よう」というところで食欲が急に出てきたり行う。

そういったときについ欲しくなってしまうのが、お手軽な即席ラーメンなどではないでしょうか。正しくお腹を満たして眠ればしばしば眠れますから、おしなべて完全に悪くはないのですが、これが続けば流石太ってしまう。

「けれども眠たくてはなはだミールはできない」なんてこともあります。なのでたとえば、余り物野菜のスープ煮などを作り置きしておきます。昆布だしなどをつぎ込み、肉や魚はほぼ入れず、塩は地味に行う。インスタント麺などよりは余程いいはずだ。これで日中にたっぷり運動などをすれば、別に太りません。

一時期、鶏肉が少し入ったプチ豆腐ハンバーグ(範囲でチンだけで望める)系統のにハマっていた年があるのですが、明らかに太りましたね。それは夜食には困難だった…。これなどは、ただただ生揚げを焼いておいたものを食べたりで至極カロリーも違う。また市販の「大豆ミートの天ぷら」も、もたれないし、フレーバーも美味しいしで減量に素晴らしいグッズですね。

また、なんとなく麺類程度がほしいぐらい空腹になったときは、ネットで探したヘルシーな身近や麺を使います。玄米が配合された代物や、かんすいを使わないカップ麺、ベジタリアン向けの即席ラーメンなど、ずいぶん色々あるのです。ビーフンとかフォーもスープを含めて低カロリーなものが多いですね。これらを買い込んでおくと、お忙しい場合・眠たくてミールが作れないときの夜食に良いです。

たいてい、夜食なんて食べないのが良いのですが、それで眠れなくなってOR快眠のクオリティが落ちて暮らしが乱れても、それはそれで減量によくないと思いますね。「召し上がるか食べないか」にばっかり拘りすぎず、減量に有難い食べ物、太りにくい心配りを採り入れるのは大事だと思います。xn--cck1au7s7a.net

すでにひと頑張り

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です